横浜の美容外科で美容整形すれば、憧れのハーフ顔も夢じゃない

美容皮膚科とは

美容外科を探していると、「美容皮膚科」という言葉を目にすることがあると思います。
一般の「皮膚科」とはどう違うのか、また、「美容整形外科」とはどう違うのかと、不思議に思った人もいることでしょう。

まず、一般的な「皮膚科」は、皮膚に起こった病気や怪我を診察・治療する診療科目です。例えば、アトピー性皮膚片、とびひ、皮膚リンパ腫、アザやホクロ、火傷、かぶれなどがあります。
それらの病気や外傷を、塗り薬や内服薬の投与を中心に治療するのが、皮膚科の基本です。あくまで、病気や怪我を直すことが最大目的であり、美容を目的にしているわけではありません。
一方、「美容皮膚科」は、美しくなることを目的として、皮膚に施術を行う診療科目です。
美白、シミの予防・改善、シワの予防・改善など、一般的にはスキンケアと呼ばれることを、医療技術を用いて行うことだと思ってもらえば良いでしょう。
そのほか、ホクロやニキビ痕などの肌トラブルを綺麗に除去することも、美容皮膚科の得意分野の1つです。

次に、美容皮膚科と美容整形外科の違いについて説明します。
美容皮膚科は、前述のとおり、皮膚に対する施術が中心です。一方、美容整形外科では、顔や全身に対して、美しくなるための施術を幅広く行っています。
近年は、プチ整形のようにメスを使わない施術の人気が高まっていますが、本来の美容整形外科の専門領域は、メスを使った外科的処置によって綺麗になることだと思って良いでしょう。

このようにして、皮膚科、美容皮膚科、美容整形外科の住み分けが行われています。
横浜市には、それぞれの専門医院もあれば、「皮膚科と美容皮膚科」「美容皮膚科と美容整形外科」のように、複数の診療科目を併せ持つクリニックもあります。
自分がどのような悩みを抱えているのか、どのように改善したいのかを考えて、適切な診療科を受診することが大切です。
自分で判断するのが難しいときは、美容皮膚科あるいは美容整形外科の無料カウンセリングに行ってみると良いでしょう。あなたが抱えているトラブルやコンプレックスを解消し、理想の形に近づく方法を、きっと示してくれるはずです。